MENU

アレルギーで肌が乾燥する

花粉症や食物アレルギーなど現代人は何かしらのアレルギー症状を持っていると言われています。

 

そのアレルギー症状が乾燥肌の原因になっていることもあるのです。アレルギーに体が反応すると、お肌も過敏になってしまうのです。その結果肌が炎症を起こしたり、ニキビなどの吹き出物が出てくることがあります。

 

アレルギー物質が体に入ってくるとかゆみ成分であるヒスタミンを誘発してしまい、体の至るところにかゆみ症状が出てしまうことがあります。

 

かゆみが強くなると我慢できずついかゆい部分をかきむしってしまうのですが、それがさらにかゆみ成分を誘発してしまってかゆみがもっとひどくなるのです。

 

お肌をかきむしってしまうと肌にダメージが加わり、肌の角質細胞にもダメージを与えて潤い成分が不足してしまい、肌が過敏な状態になるのです。

 

それが一層アレルギー症状を酷くしてしまうのです。アレルギー症状による乾燥肌を改善する方法としては、アレルギー症状を緩和することと、お肌の保湿ケアを併用することです。

 

アレルギー症状が酷く出てくるのは、体の免疫反応が弱っていることも原因として考えられます。偏った食事や喫煙、お酒の飲み過ぎ、ストレスなどで免疫症状が弱っていると考えられますので、まずは生活習慣を見なおしてそれを改善することが重要になります。

 

まだアレルギーを起こしているときはお肌もとても敏感な状態になっていますので、刺激の少ないスキンケア製品を使用してお肌に潤いを十分与えるケアを行いましょう。

このページの先頭へ