MENU

乾燥性敏感肌とは

乾燥肌にもいろいろなタイプがありますが、乾燥性敏感肌もその一つです。

 

その特徴は肌の乾燥が原因で肌のバリア機能が低下し、肌が非常に過敏な状態になっています。私たちの周りにはお肌に刺激となるものがあふれているのですが、それからお肌を守ってくれているのがお肌のバリア機能なのです。

 

このバリア機能を維持しているのがお肌の潤い成分です。肌の表面はたくさんの角質細胞によって構成されているのですが、その角質細胞の隙間を埋めているのが天然の潤い成分です。

 

これが不足すると角質細胞にすきまができてしまい、そこから外部の刺激が侵入してしまいます。お肌は刺激を受けるとそれに反応してしまってかゆみや炎症を起こすのです。

 

ちょっとした刺激にも過敏に反応するようになってしまうため、雑菌やハウスダストでも肌の炎症が酷くなってしまうこともあります。

 

 

乾燥性敏感肌の方の特徴は、洗顔後に肌に刺激を感じやすいのです。それは洗顔料や手やタオルの摩擦で肌が刺激を受けたことが原因です。

 

乾燥性敏感肌の改善対策としては、保湿対策を重点的に行うことです。

 

肌の角質細胞の間を埋めている天然成分と同じセラミドなどが配合されているスキンケア製品などで、不足している潤いを補ってあげましょう。

 

また肌がただでさえ過敏な状態になっていますから、肌に余計な刺激を与えないように注意しましょう。スキンケア製品に含まれている添加物に反応してしまうこともあるため、無添加製品を使用するのがおすすめです。

このページの先頭へ