MENU

インナードライ肌とは

乾燥肌にもいろいろな種類があり、インナードライ肌というタイプの乾燥肌も存在します。

 

インナードライ肌は一見皮膚表面は潤っているように見えるのですが、肌の内部が乾燥している状態です。

 

このインナードライ肌がとても厄介なのは、自分自身で肌が乾燥していることに気が付きにくい点です。

 

 

肌の表面は潤っているように見えても、肌の内部な乾燥していますので、ターンオーバーサイクルが乱れて、お肌のトラブルが起こりやすいのです。そして一見お肌に潤いがあるように感じられるため、然るべき乾燥肌対策を行わず最終的に乾燥肌になってしまうのです。

 

インナードライ肌かどうかを見極める方法としては、いくつかの点をチェックしてみるとよくわかります。

 

お肌のキメと毛穴の状態をよく見てください。お肌に潤いがあると、お肌の角質細胞の間も潤い成分で満たされていますのでキメが整います。

 

それなのでキメが細かいはずなのですが、お肌が乾燥していると、角質がめくれてきますのできめも粗くなり、毛穴も目立つようになるのです。

 

一見皮脂が分泌されて潤っているように見えても、自分でカサツキを感じる場合はインナードライ肌である可能性が高いと言えます。

 

インナードライ肌の原因は乾燥肌になってしまう原因とほぼ同じです。それなので乾燥対策をしっかりと行うことが、インナードライ肌の改善につながります。

 

インナードライ肌は肌内部の水分が不足してしいますので、化粧水でたっぷりと潤いを与えて、乳液やクリームでしっかりと蓋をして水分の蒸発を防ぐケアを行いましょう。

このページの先頭へ