MENU

乾燥肌の肌状態とは?

乾燥肌とは肌の悩みの上位にランクインする肌状態の一種です。

 

その名称の通り肌が乾燥しているのですが、具体的にどのような症状が見られるのでしょうか。

 

乾燥肌は肌の潤いを左右する皮脂の分泌量が低下すること、角質細胞の間にある脂質が減少することによってお肌の水分量が著しく低下している状態です。

 

乾燥肌は水分量の状態にもよりますが、かなり乾燥が進んでいる肌の場合、見た目にも肌が乾いていることが分かります。また自分自身でもお肌が常につっぱっているような感覚がはっきりとわかります。

 

お肌を触ってみても乾いた感じがよくわかります。適度な潤いがあるお肌は角質にもたっぷりと潤いが含まれているため、見た目にもふっくらとして艶が見られます。ところが肌の潤い成分が減少すると、肌がしぼんでシワシワに見えてしまうのです。

 

また肌の潤いが減少すると皮膚から粉が吹いたように白っぽくみえることもあります。これは乾燥によって肌の角質がめくれてしまった物がお肌に出てきてしまうからです。

 

乾燥肌になると外部からの刺激に対しても弱くなるため、かゆみや赤みといった炎症が起こりやすいのも乾燥肌の特徴です。

 

肌は外部から刺激を受けてもそれをお肌の内部に侵入させないように働くバリア機能が備わっているのですが、肌が乾燥すると肌の潤い成分が減少して、角質と角質の間に隙間が生じてしまいます。その隙間から刺激因子が侵入してきてしまうため、それに肌が反応してかゆみや炎症を起こしてしまうのです。

このページの先頭へ