MENU

潤い効果の高い食品を食べる

乾燥肌になる原因はいろいろありますが、食生活の乱れも乾燥をすすめる原因になっています。

 

体の内側からできる乾燥肌対策としては、肌の潤いをもたらしてくれる栄養素が含まれている食べ物を意識してとるようにすることです。

 

乾燥肌改善のために意識して摂りたい栄養素の一つが、ビタミンAです。ビタミンAは皮膚の粘膜を強くしてくれる、新陳代謝を活性化してくれる働きを持っています。

 

ビタミンAを多く含む食品とは、かぼちゃやほうれん草をはじめとする緑黄色野菜、ウナギ、アナゴ、サバ、イワシといった魚、海苔やわかめなどの海藻類に多く含まれています。

 

またビタミンBは肌の新陳代謝を活性化してくれるのに働いてくれる栄養素です。乾燥肌の方は肌の新陳代謝であるターンオーバーが鈍くなっており、それが原因で肌の潤い成分が新たに作られなくなり乾燥肌がすすむのです。

 

ビタミンBを多く含んでいる食費は、豚肉、レバー、卵や大豆製品などです。ビタミンCも乾燥肌改善のために働いてくれる栄養素です。

 

ビタミンCはお肌に弾力を与えてくれるコラーゲンの生成を促すのに必須の栄養素です。

 

また肌の酸化を緩やかにする抗酸化作用に優れていますので、アンチエイジングにも効果を発揮してくれます。ビタミンCを多く含む食品は、果物や野菜類です。

 

若返りのビタミンとして有名なビタミンEですが、ビタミンEには肌の新陳代謝を活性化する働きがありますので、乾燥肌の改善にも効果的に働いてくれます。ビタミンEはナッツ類、アボガドなどに多く含まれています。

このページの先頭へ