MENU

ファンデーションの塗り方テクニック

ファンデーションを塗ってもムラができる、よれる、すぐに粉をふくといったトラブルが起こりやすいのが乾燥肌です。

 

そんな乾燥肌でもメイクをきれいに仕上げるためには、ファエンデ―ションの塗り方を工夫してみることです。

 

ちなみにファエンデ―ションをぬるときですが、どのようにして顔にそれを伸ばしているでしょうか。ファンデーションを適量ずつ手にとって、それを薄く顔全体に伸ばして塗っている方はファンデーションの塗り方を誤っていて、乾燥肌にはよくない塗り方なのです。

 

理想の塗り方は伸ばして塗るのではなく、叩き込みながらファンデ―ションをなじませていくのです。

 

伸ばしながら塗っていくとファンデーションが均一に顔全体に塗り広げられたように感じるのですが、皮膚の表面にしかファンデ―ションが塗られていません。

 

特に乾燥肌の場合は、お肌の潤いが不足していますので、肌表面の滑らかさが失われていますのでファンデーションの伸びもあまりよくありません。

 

伸ばして塗っただけでは、顔全体に均一にファエンデ―ションが行きわたらないのです。

 

その点叩き込んで塗ると、肌の奥にまでファンデーションが浸透していきますので、色ムラが起こりにくく均等にファンデーションが行きわたるようになります。

 

また肌への摩擦を避けられると言うメリットもあります。伸ばしながら塗っていくと、伸ばすときにお肌をこすってしまうためお肌を傷める原因になります。叩き込む塗り方ならお肌への負担を軽減できるのです。

このページの先頭へ