MENU

乾燥肌のアイメイク時の注意点

乾燥肌でもメイクをしたいと思います。

 

肌が乾燥していると、余計な刺激を肌に与えてしまって肌がかゆくなったりすることがありますが、だからといってノーメイクで出かけるのも気が引けます。

 

適切なケアを行って、メイクをすれば乾燥肌でも流行のメイクを楽しむことが可能になります。いまどきメイクの主流といえばアイメイクやアイラインをひくなどして目の大きさを強調するのが流行っています。

 

肌が乾燥していると肌に弾力やみずみずしさがなくなり、ファンデーションやアイラインを引いてもよれやすいのが難点です。特に目の周りの皮膚はほかの部分と比べても薄くてデリケートなため乾燥もすすみやすいのです。

 

乾燥した目の周りにアイラインをひくと、しわがよってしまってまっすぐにラインが描けなかったり、ラインが崩れやすくなります。

 

そこでアイメイクをするときは目元周りの保湿を重点的に行うようにしましょう。目元専用のアイクリームはデリケートな目元周りの事を考えて作られていますので、乾燥肌で皮膚が弱いかたでも安心して使っていただけると思います。

 

アイクリームなどを塗って保湿をしたら保湿成分がしっかりとなじむんでからメイクをすることも重要になります。

 

保湿成分が浸透しないままアイクリームを塗ってしまうと、今度はアイクリームの油分でメイクが崩れやすくなってしまうからです。また目の周りが乾燥して炎症を起こしているような時は、保湿をしてもアイメイクは避けた方がいいでしょう。

このページの先頭へ