MENU

乾燥肌だからといってメイクしないのは間違い?

肌が乾燥すると、お肌のバリア機能が弱っているためメイクなどをすると肌に刺激が加わりよくないため、メイクは避けるべきだと思っている方が少なくありません。

 

確かに乾燥肌を改善させるためには、お肌に余計な負担をかけない事も大切なのですが、メイクによって肌を保護したほうが、肌には良いのです。私たちの身の回りには肌の乾燥をすすめてしまう要因がたくさんあります。

 

乾いた空気や、紫外線などの影響によってますます肌を乾かせてしまうのです。また乾燥した肌はバリア機能が弱っていて、外部の刺激を受けやすくなっていますので、メイクで保護してあげる必要があります。

 

メイクはお肌に良くないといった印象がありますが、近ごろのメイク用品はスキンケア成分が配合されている製品が増えてきており、お肌への負担を減らしながら、肌に美容成分を届けてくれるような高機能の製品も出回っています。

 

これらを上手く活用してメイクをするようにしましょう。

 

メイク用品の多くが紫外線防止機能を持ち合わせていますので、メイクをすることで紫外線による肌への影響を軽減できます。

 

またヒアルロン酸などの潤い成分が配合されているメイク用品を使用すると、メイクしながらスキンケアまで行うことができます。

 

他にもミネラルファンデーションのように寝たままでも付けられるほど肌に低刺激の化粧品もあります。乾燥肌にも優しい化粧品をきちんと選ぶことによって、お肌を守ってくれる強い味方になります。

このページの先頭へ