MENU

体の乾燥肌にも注意、ボディソープの選び方

乾燥肌の方は、顔だけでなく体の皮膚も乾燥している可能性が高いのです。体が乾燥していると肌がざらざらする、かゆみが酷くなるといった症状が出てきて辛いです。

 

そこで顔のお肌だけでなく体の乾燥肌対策も併せて行うようにしましょう。

 

体の乾燥肌は間違った入浴習慣と洗いすぎが主な原因となります。秋冬は外気温が冷たく体が冷えてしまいますので、入浴時の温度を上げて体を温めようとしますが、熱めのお湯に入ってしまうと毛穴が良く開くので、体内の水分が抜けやすくなります。

 

また体を洗う時にボディタオルなどを使ってゴシゴシとこすってしまうことも、肌乾燥をすすめる原因となります。

 

ゴシゴシとこする刺激で皮膚の角質層がダメージを受けてしまうからです。角質層がダメージを受けると角質層の潤い成分も失われてしまうため、乾燥肌になってしまうのです。

 

また使用している洗浄料ですが、石鹸とボディソープの二種類がありますがどちらを使用しているのでしょうか。乾燥肌の改善を期待するのであれば、石鹸よりもボディソープがおすすめです。

 

石鹸よりもボディソープのほうが潤い成分を配合しやすいので、適度な潤いをお肌に与えながら体の汚れを落とすことができるからです。

 

スキンケア製品にも配合されているセラミドを配合したボディソープもあります。セラミドは角質層に存在する天然の保湿成分であり、これが不足すると乾燥肌になります。セラミド入りのボディソープなら、体を洗いながら不足しているセラミドを補えるようになります。

このページの先頭へ