MENU

肌に優しい洗顔料を選ぶ

クレンジングはメイクを落とすために使用しますが、メイクが落ちてもまだお肌に汚れが残っていることがあります。

 

それを洗顔料を使ってきれいにするのです。乾燥肌の方でもこのダブル洗顔を実践されている方が少なくないでしょう。しかしながら必要以上に洗顔をしすぎると更なる肌乾燥をすすめる原因になります。

 

乾燥肌の方は必要以上にクレンジング、洗顔する習慣を改める必要があります。例えばクレンジングでダブル洗顔が必要なクレンジング剤を選ぶ時は、クレンジング剤も洗顔料も肌に優しいタイプを選ぶようにすることです。

 

もしくはクレンジングと洗顔の両方の機能を併せ持つ洗顔料を使用するのもおすすめです。

 

ダブル洗顔をする場合の洗顔料も洗浄力がマイルドで肌に優しい洗顔料を選ぶようにしましょう。洗顔料は洗顔フォームや、石鹸、近ごろは泡立てる手間を省いた泡で出てくる洗顔料などが販売されていますが、肌に優しいのは洗顔石鹸です。

 

洗顔石鹸は合成の界面活性剤が使われていない商品が多いからです。合成界面活性剤は洗浄力が強いのですが、肌の天然の潤い成分までも奪ってしまいますので、肌の水分不足を招く原因になるのです。しかもよくそれを洗って流さないと肌に残ってしまって、肌の潤いをどんどん奪ってしまうのです。石鹸にも界面活性剤が含まれているのですが、それは洗い流すとともにその効果が落ちますので肌に優しいのです。

 

石鹸でも合成界面活性剤が使われている商品もありますので、よく成分を調べてから購入するようにしましょう。

このページの先頭へ