MENU

誤ったスキンケア

乾燥肌の原因には誤ったスキンケアも挙げられます。誤ったスキンケアにもいろいろありますが、最も多いのが肌のこすりすぎです。

 

普段メイククレンジングをするときに、汚れをしっかりと落とすために力を入れてお肌をこすってしまっていないでしょうか。

 

またアイメイクをしたときはクレンジングの力だけでは落としにくく、こちらも目を強くこすってメイクを落とそうとしたります。洗顔やクレンジングだけでなく肌に残っている余分な汚れや角質を取るために、拭き取り化粧水を使用されている方もいらっしゃるでしょう。

 

それを使用するときはコットンを使って汚れをふき取るのですが、その時に肌を強くこすってしまっているのです。

 

 

他にも化粧水やクリームを肌に入れ込むときですが、よく浸透させるために力をいれてこすってしまっている方が少なくありません。

 

さらには血行促進のためやしわ、たるみ改善のためにマッサージを行ったりすることがありますが、その時も力が入りすぎてしまって必要以上に皮膚をこすっているのです。

 

こういったケアを繰り返していると肌のバリア機能が低下してしまって、細胞脂質が減少してしまいます。これが乾燥肌をすすめる原因になってしまうのです。

 

他にも洗いすぎによって肌に必要な潤いまでも奪っているケースも見られます。

 

必要以上に洗顔を行ったり、汚れ落とし効果のン高いクレンジング洗顔料を使っていると、汚れだけでなく肌に必要な潤いまでも洗い流してしまって肌の乾燥が進むのです。

このページの先頭へ