MENU

紫外線によるダメージ

乾燥肌の原因として紫外線による影響も考えられます。

 

紫外線対策として夏は日焼け止めをこまめに塗り直したり、帽子や日傘を身に付けるなどして紫外線を徹底ガードしていると思うのですが、それでも紫外線による影響を完全に避けることはできません。

 

春夏が最も紫外線の量が増えますが、それは一年を通して降り注いでいますし、窓を通して家の中にそれが入ってくることもあります。

 

そういった微量の紫外線でもお肌に浴び続けていると、肌の表面は紫外線をカットしようと角質を固くしてしまう角質肥厚の状態になってしまいます。

 

肌の表面に存在し、肌の潤い度合いを左右する細胞脂質ですがこれは肌がターンオーバーをするときにあらたに生成されます。

 

 

ところが紫外線の影響で角質が硬くなってしまうと、ターンオーバーが正常に働かなくなってしまい、細胞脂質が新たに生成されず乾燥肌に近づいてしまうのです。

 

他にも紫外線によってバリア機能の低下が引き起こされます。お肌には外部の刺激からお肌を守ってくれるバリア機能が備わっているのですが、紫外線を浴びるとそのバリア機能が低下します。

 

バリア機能を担っているのが先ほど肌の潤い度合いを決める要因ともなる細胞脂質です。これが角質細胞同士の隙間をきっちりと潤いで満たしてくれているため、バリア機能と適度な潤いが維持できています。

 

これが紫外線の影響によって機能が低下してしまうため、バリア機能が低下するだけでなくお肌の潤いまでも減少してしまうのです。

このページの先頭へ