MENU

お肌の水分が足りていない

乾燥肌になる原因は一つではありませんが、その最大の原因はお肌の水分が足りていないからです。

 

お肌には本来肌に適度な潤いを与える成分が存在するのですが、その成分が何らかの原因によって不足することで肌の乾燥が起こるのです。

 

ちなみにお肌の潤いを左右するのは、皮脂膜、NMFと呼ばれる天然の保湿因子、さらには化粧品などの成分としても有名なセラミドと呼ばれる細胞脂質です。

 

この中で最も大きく肌の保湿に貢献しているのが、細胞の隙間を埋めている細胞脂質であり、肌の潤い度合いの8割がこの細胞脂質の量によって決まってしまうのです。

 

その他に天然保湿因子と皮脂もそれなりにお肌の潤いに貢献しているのですが、その割合は少ないのです。

 

肌にはもともとこれらの潤い成分が存在するのですが、なぜこれが不足してしまうのでしょうか。その原因は内的要因と外的要因の二つが考えられます。

 

私たちは日ごろ冷暖房が完備した場所で過ごす機会が増えたのですが、そういった場所は空気も乾燥しています、乾燥した空気の下で長い時間過ごしていると、お肌の水分が奪われてしまい乾燥肌になってしまうのです。

 

さらには誤ったスキンケアや、睡眠不足などの生活習慣も肌を潤わせる細胞脂質を減らす原因になるのです。

 

内的要因としては偏った食生活、ストレス、極端なダイエットなどによって肌に十分な栄養が供給されなくなってしまうと、お肌で細胞脂質が作られなくなってしまい、乾燥肌になります。

このページの先頭へ