MENU

空気や室内の湿度低下による乾燥

空気や室内の乾燥もまた乾燥肌を酷くする原因となります。空調管理が行き届いた室内で過ごす機会が増えたのですが、空調設備は室内の空気を乾燥させてしまいます。

 

また近頃の住宅もまた気密性が高いので、外の空気をほぼシャットアウトしてしまって室内の空気の乾燥をすすめてしまうのです。こういった場所で長時間過ごしているとお肌の水分も奪われてしまって、肌の乾燥が酷くなるのです。

 

秋冬になると肌の乾燥が酷くなるのは、空気が乾いていることが原因です。またお住まいの地域にもよりますが、冬場に強風が吹く環境下で生活されている方もまた、風によって肌の潤いが奪われてしまうのです。

 

例え空気が乾燥した状態がつづいても、肌自体が健康であること、適切な潤いケアを十分に行っていればそれほどひどく肌が乾燥することはありません。

 

 

しかしながら間違ったスキンケアや食生活や生活習慣が乱れていると、空気が乾燥している環境下での肌乾燥が酷くなってしまうのです。

 

肌が乾燥している方は、空気の乾燥がひどい時期には特に注意が必要になります。

 

乾燥した室内過ごす時間が長い時は、加湿器を利用して室内の湿度を一定に保つようにすることで、乾燥がすすむのを防げます。また空気が乾燥しているときはこまめに水分補給を行って、内側からの乾燥対策も併せて行うようにしましょう。

 

そして朝と夜のスキンケア時にも、たっぷりとお肌に潤いを与えて乾燥対策をとることが乾燥肌を悪化させないことにつながります。

このページの先頭へ